空き家調査

空き家調査に行ってきました。

静かな山間に建つ日本家屋平屋、空き家になって6年経つそうです。敷地内には母屋と離れ、2階建ての蔵と納屋、水回りの建物が中庭を囲むように建っています。近くには畑がありすぐそばにに四方竹の林がありました。とても気持ちのいいところです。

四方竹の林
蔵のカギ
母屋とトイレ
台所
井戸

とても静かないい場所で、畑をしたい移住者の方にはいい物件です。
これから建物調査を行い、水まわりなど調べていきます。

あずま屋 シャワールーム塗装

今日はあずま屋のシャワールームの壁の塗装をしました。
もともとタイル張りの浴槽がありましたが、小さかったことと脱衣スペースを確保する為、シャワールームに改修しました。

塗装前

浴槽を撤去し、モルタルがむき出しになっています。
このモルタルの部分と腰壁のタイルと床のタイルをモルタルと同じグレーで塗装していきます。

塗装中

シーラーで下塗りし、浴室用のペンキを塗っていきます。塗り終わる頃にはすっかり夜になってしまいました。

塗装後

翌朝、確認。ちゃんと色は塗れているようです。

建物を壊すか、活かすか・・・

この土佐山田という場所は、高知市内から20㎞、車で約30分の場所に位置します。
南海地震で津波被害のない地域で、近くに小中学校もあり
高知市内からの住み替えや県外からの移住者の方にも人気の高い場所です。

ですので、
ハウスメーカーの営業担当者から建売や土地活用の話を幾度となくされました。

が、しかし なにか違う・・・

もっと違う選択肢があるのではないかと漠然とですが思っていました。

とはいえ
北棟は雨漏りもしていてこのような天井も落ち、床も今にも抜け落ちそうな状態・・・
とても使える建物とは思えませんでした。

北棟
北棟

昭和初期から順に建てられ、改修と修繕を重ねたのでしょう
それぞれの年代に使われていた建材が時代を感じさせます。

ここは昭和で時がとまっているよう、、、



年月を重ねた木の色合いは落ち着きを感じます。
この土地で育った木が、建物に使われています。風土に合った木材で建物を建てるのが一番いいと思います。建物の一部になった後も呼吸をし、こうして現在までしっかりと建物を支えてきたのだと思うと、どうにか活かす方法はないかと考えます。